自分を美化しない方が安らぎや優しさを与えられる人になる【ゆかラジ#5】

2021年2月13日(土)配信


おはようございます。

女性の価値の高め方の著者の東友加です。

今週は『自分を美化しない。なぜならば。』

で、お話したいと思います。

自分を美化しない。

自分を美化してしまうと、見えるものが見えなくなります。

本当にね、私も含め

あなたや私って立派な子供だったかな、とか

あなたや私って立派な若者だったかな、って。

問うてみてください。

人は、悪いことをして叱られると、納得したら忘れる習性があるそうです。

叱られて、納得していないことだけ覚えていたりしませんか。

私も意外と自分がきっと悪いことしているんですけど、一つひとつを全部覚えていなくて、納得していないことだけを今でも覚えています。言われてみると、ですね。

そういうことで自分が過去に忘れた『悪いこと』を、たまに思い出すようにしていて。

私もあったなぁ

なんて、思っているところです。

話は逸れましたが、きっと悪いことや失敗したこと、たくさんあると思います。

成功体験だけならば、めちゃくちゃ体験が少ないことになりませんか?

成功がたくさんあった!と、人生の中で。

そんなにないと思うんですよね。

だから、成功体験だけならば本当にめちゃくちゃ少ない体験で、今の自分ができ上がっているとなると奇跡かもしれないな!

って、思ったりもします。

悪いことや失敗もたくさんしているから、多くの体験を積んで、いま立派な大人になっているのだと思うし。

その悪いことや失敗したことを、克服する知恵だったりっていうことも、悪いことや嫌な体験をしたことによって、考えたり反省したりして。

その反省したことも一回で成らないときは、何回も何回も繰り返すことによって。

勉強もそう。成績が下がりました。

次、上がるためにどうすればいいかなって考えたり。

お仕事もそうだし。

失敗するから良くなることを考えたりするので、悪いことや失敗をたくさんしているから、それを基に多くの体験をまたさらに積めたのではないかなと思っています。

なので、美化する必要はなくて。

悪いことも、褒めて認めて『大丈夫だよ』って言ってあげてほしいなって思います。

それも全部含めて、今の自分が作られていると思うので、美化してしまったら、今の成功だったり今の自分があることのヒントが全く見えなくなると思います。

もう一つ、美化することでこわいこと。

こわいことじゃないですね。
美化することも構わないですが、自分を美化することによって自分が悪をしたこと、悪い経験とか、そういうことをしたことを忘れて。

子供のときに、もしかしたらちょっとやんちゃだったかもしれないけど忘れていて、子供とかに

『私はずっといい子だったよ』
『おとなしかったよ』

とか伝えたりすることによって、人を裁くことです。

自分が悪いことを忘れちゃって人を裁くことが一番タチが悪いなと思います。

自分が悪いことをしたことを、少しでもいいので、ちょっとでも思い出すことによって、自分もそういうこともあって今があって多分その時に悪いことをした時も、結果誰かが納得するようにだったり、それを許してくれた人がいるから、いま普通に生きてこれていると思うんですよね。

なので、ちょっと思い出して。

色んな人から支えてもらったり許してもらったことから、人を応援したり優しくなれたりするんじゃないのいかな、と思います。

女性の価値の高め方では『とことん自分を知ること』ていうのは大切にしています。

もちろん強引に、とかじゃなくて。

あ、今自分のことを知りたいな。

とか、そういう時はとことん自分探しというのをしてみても良いのかなと思います。

だからといって、無駄にする必要もなく。

話は戻るけど、美化するのではなく『自分を知る』ということです。

自分を認めて、悪いことしたこととかも含めて認めて『大丈夫』って自分に言ってあげれば大丈夫です。

包み隠さず自分を知ることによって、自分も助けられてきたので、優しさや安らぎを今の自分にプラスして与えられる人になれると、私は思います。

色んなことを美化せず、自分もこんなに悪かったもんねっていうことが平気で言える人になってほしいなって思います。

ちょっとだけ優秀な人ほど、少しここが苦手なので。優秀なのは、そういうことも含めてあると思います。

過去の自分を美化するのではなくて、自分がやった悪いことも、嫌かもしれないけど思い出してみる。

それって悪いことではなくて、良くなるための経験だったと思ってみてください。

きっと、もっともっと素敵な人、安らぎとか優しさとかを与えられる人になると思います。

安らぎとか優しさを与えれられるっていうことは、ここの関係は安心安全な場だよっていうことを教えることにもなるので。

やっぱり人って、安心安全な場所に居れるほど心地いいことはないと思います。

もっと素敵な人になって、そしてちょっと元気になった時に直接言えない時には、もし裁いた自分がいるならば

『今までごめんなさい』

が、言えるといいなと願います。

自分より1秒でも後に生まれた人が自分を超える人になってほしいな、と私は思っています。

やっぱり自分より1秒でも後に生まれた人たちが、自分が1秒でも長く生きたことを活かす。

1秒でも早く生きてきて良かったなと思える自分のような気がします。

ちょっとグダグダになりましたが、今週はこのくらいで終わろうと思います。

私も気をつけます。美化しないように。

皆さんも『美化してることがないかな』って思って、なるべく美化せずに生きてみてください。

今日も最後までありがとうございました。