自分の得意の見つけ方|自分を知ると今を生きやすくなる【ゆかラジ#3】

2021年1月30日(土)配信


おはようございます。

ゆかラジの東 友加です。

今日はこっそりと『ゆかラジの東友加です』に変えてみました。

特に理由はなくて、今日の気分です。

失礼します。

さてさて

『自分を知ること大切にして欲しいなぁ』と先週お話させていただきました。

自分を知るって、すっごい夢が決まるとか壮大なことを決めるとか、そういうことではなくて。

自分を知るって、今を生きるヒントにもなるなと思っています。

夢とか大きすぎると自分で自分を苦しくしちゃうので、そういうことではなくて。

自分が何が得意で何が苦手かが分かったり、大げさに言えば 人からの道の教えてもらい方の自分好みが分かったり。

『なかなか人の話が理解出来ないのよね』って時には、ただ単にあなたの苦手な方法で伝えられてるだけだったりすると思うんですよね。

なので、自分の苦手が分かってたり、自分がこんな風に話してもらったりすると聞きやすいんだよっていうことも、自分を知るってことだと思っています。

例えば目的地までたどり着く方法を、口で教えてもらった方が理解できやすい人もいれば

口っていうのも、そこの角をまっすぐ行って右に曲がって。そこから100メーターくらい行けば左に曲がって、そこから二つ目の信号を右に曲がって…とか。

口で教えてもらった方が理解しやすい人もいらっしゃいます。

また、鉛筆で地図を書いてもらった方が分かりやすい人もいます。

口でも分からないし、地図でよりも、もし近くだったら一緒についてきてもらえると嬉しいなって思う人もいるかもしれません。

いまどきだったら、携帯アプリでググって行きたい人もいるかもしれません。

あなただったら、どう伝えてもらったら理解しやすいですか?

ということも、自分を知るってことだと思うんですよね。

これを知っておくことによって、聞く時の質問の仕方も変えれると思うし。

書いてもらった方が好きな人とかであれば、日常に筆記用具やメモ帳を持ってると良いと思うんですよね。

書いてもらった方が好きなのに、普段メモ帳も持っていないとか。

という人もいらっしゃるので、そういうところで生きにくくしてるんじゃないかなと思います。

自分を分かってたならば、それに合わせて生きやすくするために

例えば地図を書いてもらった方がいいって人は、それに合わせて筆記具を持つとか、そういうふうにされたら生きやすくなるんじゃないかなと思います。

逆にアプリで道をググるのが好きな人なら、それでわかる人なのにバッグにいっぱいメモ帳とかを入れてる人もいらっしゃるんですよね。

アプリとかを上手に使えて、メモも携帯のメモにどんどん書きこむ人であれば 、どんどんバックの中から取り出して身軽にすることもおすすめします。

すっきりしますよね。

いるものといらないもの 

自分がアプリを好きなのにいらないものがいっぱい入っているというのは、色んなものを探す、カギを探すときとかも ごちゃごちゃしているよりも、すっきりしていいんじゃないかなと思います。

なので、最初に自分を知るって壮大なことではなくて。

このくらい

自分の得意とか苦手、道を聞く方法とか。

この辺の『私こういうふうに伝えられた方が好きなんだ』とか『こういうふうにされるのは苦手なんだ』とか分かってると対処の仕方ができると思うので、このぐらいから始めることおすすめします。

そうすると、簡単なことだけど出来てないことだったり、これが分かってくると『なるほど』となって、自分のことを知って身軽になったりとか、持つものが分かったりとかしていきやすくなると思います。

自分を知ると『今を生きること』にもつながると思うんですよね。

今を生きる!!って言われてもなかなかピンと来なくないですか。

色んな所で今を生きようよって言われても、分かりずらいと思うんですけど。

私のなかでは今を生きるって、今食べたいものはいちごって分かって

お金があれば今買えば良いし、なければ別の方法を考えるみたいなことが、私は『今を生きる』ってことじゃないかなと思っています。

だから、そんなに難しいことではなくて。

今を生きるんだよっていわれても、なかなか今を生きるって何だろうって思うけども

今いちごを食べたいって思って、そこで食べるのか、今は食べれないから三日間貯蓄して、お金をプールして買うとか。三日たった時に食べたかったら食べる、みたいに。

人それぞれ手に入れ方や手放し方って違うので、いちごを食べたいって知ったうえで、どう行動するかっていうことが『今を生きる』ということなんじゃないかなって思うので。

今を知れば今を生きれる。

今の自分の感情を知れば、今を生きれるんじゃないかなと思っています。

こんなことで

地味なことの繰り返しをていると、自分のことをなんでも色々知れるようになるし。

自分を知って、ちょっとづつ生活が生きやすくなったり、楽しくなっていく自分を褒めてあげてほしいなと思います。

あわてずゆっくり自分を知っていってください。

今、自分を知りたくないというのも、立派な自分を知ることだと思っているので。

その自分を知りたくないっていう自分に対しても、褒めてあげてほしいなと思います。

なぜなら、自分を知りたくないっていうことを、自分が知っているということになるからです。

たまに、何を食べていいか分からない。何を食べても満足しない時って、ドカ食いしちゃいませんか。

色々食べても満足しないから。

そんなときは、あたふたして食べずに…

あたふたして食ちゃうと、太ってしまうだけで何の答えも出ないんですね。

分からないときは、敢えてゆっくりして時を待つことを大切にしてほしいなと思います。

自分を知りたくないときに、敢えて知る必要もないし。

やっぱり自分を今ちょっと知ってみたいなって思う時は、自分で何となく知りたいなって思うので、待つこと。

待てば良いと思います。

意外とこの『待つこと』が苦手な人がたくさんいらっしゃるので 待つことを大切にしてほしいなと思います。

今年、この苦手を克服するためにも、待つこともをやってみてください。

と言いながら、私も待つことがちょっと苦手なので 今私にも大事だよということを伝えていました。

今週伝えたいことはこのくらいにしようと思います。

『自分を知ること』『今を生きること』『時を待つこと』

やってみてください。

今週も最後までお聞きくださり、ありがとうございました。